One's habitat Blog

ホームページ「One's habitat」の付属ブログ。何屋かと訊かれたらオカヤドカリの人です。無断転載ダメ。

デルモゲニー Dermogenys collettei

デルモゲニー

Dermogenys collettei

Dermogenys collettei

 東南アジアの河川中下流では小型の淡水サヨリ類がよく見られます。熱帯魚をやっている方ならゴールデンデルモゲニーなんかは馴染み深いと思います。サヨリは水面付近を泳ぐため、濁った川でも見つけやすく、その川に小魚がいるかどうかを簡単に見分けられる指標とも言えるでしょう。この魚がいれば他にもバルブなりラスボラなりグラミーなりがいる可能性があります。今回覗いた川では他にバルブやベタっぽい魚が泳いでいるのが見えました。サヨリは好きな魚上位にいるので、東南アジアで毎回見るたびに嬉しい気持ちにしてくれます。

Coenobita lila ウスムラサキオカヤドカリ

ウスムラサキオカヤドカリ

Coenobita lila

ウスムラサキオカヤドカリ Coenobita lila

ウスムラサキオカヤドカリ Coenobita lila

 本種は2016年記載という現時点でオカヤドカリ科唯一の2000年代記載種です。マレー半島南部と周辺離島(マレーシア南部離島〜シンガポール〜バタム島等のインドネシア離島)に限られて確認されています。記載論文にはオカヤドカリ Coenobita cavipesの隠蔽種とされてきたとありますが、実際のところIndonesian blueberry land hermit crab(インドネシアのムラサキオカヤドカリ)と呼ばれていた通り色味が全然違います。日本のムラサキオカヤドカリとは地理的に隔離されているため別種との認識はされていましたが、一部では混同されていたため混乱を招いていたようです。これもまた現地に行かねば見れませんので、ようやく2022年7月より一部地域で渡航規制が緩和されたということで、コロナ禍海外渡航に踏み切りました。

 昼間は思いっきり観光を楽しみつつ、暗くなってから探しに出かけたところ、目星をつけていたポイントが夜間立ち入り禁止となっていました。それも2ヶ所も。この2ヶ所どっちかでは見つかるだろうとタカを括っていたので少し焦りました。行ける範囲をある程度歩き回ったのですが気配なし。覚悟を決めて道なき海岸林に突撃して滝汗をかいていると、後ろに気配を感じました。ライトを照らして浮かび上がったその姿に生唾を飲む。いた。

Coenobita lila

ウスムラサキオカヤドカリ Coenobita lila

 本種の種小名はライラック色からであり、その名のとおり成体は明るい紫色をしています。本当に美しい。この紫色は日本のムラサキオカヤドカリでも稀に体の一部に呈している個体はいますが、他の色とのマーブル具合にやはり差異が出ますし、デフォで全身がこの色に成長するというのはこの種ならでは。この辺の色味の話はオカヤドカリ類を多数見てきた方なら、あ〜、わかるわかるとなってくれるかなと笑。ここは海外ですので天然記念物とか関係なし。しっかり触って隅々まで観察。好きに撮影。実に6年ぶりの初見オカヤドカリ種の観察に心躍りました。この感覚、実に海外遠征らしい楽しさです。来てよかった。広義の太平洋のオカヤドカリ種コンプまであと3ヶ国。

ツシマカブリモドキ

ツシマカブリモドキ

Damaster fruhstorferi

ツシマカブリモドキ

 ツシマカブリモドキは日本に分布する唯一のカブリモドキ類で、対馬が大陸の生態系を色濃く残していることを示す生物種の1つです。その立ち位置、そして非常に美しい構造色は言うまでもなく人気の要素で、対馬遠征をする虫屋の目的の一つとして必ず挙がる種だと思います。採集方法は例に漏れずベイトトラップが有効ですが、そんな面倒なことをせずにルッキングで見つけたいと思うのは考えが甘いのでしょうか。

ツシマカブリモドキ

 アカマダラを探しつつ林道の側溝を覗いていると、大きめの虫がそこそこの速さで歩いているのが見えました。ライトに反射してキラリと光るエリトラの縁で、探していたものだと判明。刺激を与えると臭い汁を出すため、すぐ掴みたい気持ちを抑え、触れずにケースへ移しました。ヘビとかもそうなんですけど、防御の臭い汁が手につくとなかなか臭いが取れなくてテンション下がるんですよね。手間でも回避できるものは回避するに限ります。しかし、角度によって金色〜黄緑色〜赤色に変化する美しい構造色は感動ものです。南西諸島とは一味違う、対馬でしか見れない魅力的な生物たちは一見の価値ありと本当に思います。

渡嘉敷島ハイ

渡嘉敷島ハイ

Sinomicrurus boettgeri

渡嘉敷島ハイ

 ハイは沖縄諸島に分布する鮮やかなオレンジ色と黒色を持つ美しいコブラ科のヘビです。これまでヒャンの亜種とされていましたが、2021年末の論文で独立種として述べられました。この論文では徳之島のハイはヒャンに含まれるとされたため、これまでは「ハイは徳之島でだけだけど見たことがある。」と言えたのに、未見種となってしまったのです。そんな本種を2022年春先の渡嘉敷島遠征で見つけることができました。

 渡嘉敷島は控えめな面積と両爬の特産種がケラマトカゲモドキくらいという点から、遠征しても1〜2泊程度かつ単発で満足しやすい島であると言えます。それゆえハイのようなレア種は目撃例が少ないようで、渡嘉敷島個体群は写真があまり見当たりません。まぁ残念ながらクメハイと違い、沖縄本島の個体群と変わりないというのは上添の写真をご覧になれば察するところと思いますが、、、。

ハワイハネナシクワガタ 標本

ハワイハネナシクワガタ

Apterocyclus honoluluensis

ハワイハネナシクワガタ

 Hawaiiは北半球太平洋のど真ん中に位置する海洋島で、その地理的に隔絶された環境には貴重で興味深い生物が多数生息しています。ハワイハネナシクワガタはハワイ固有のクワガタ種群であり5種分類されていますが、外来ネズミによる捕食圧でその数を減らしいくつかは絶滅したと言われています。もともと発見数が少なく謎の多いクワガタでしたが、謎を残したまま数種は滅んでしまったと言う訳です。その中でもホノルルエンシスはカウアイ島に広く分布していることから、少数ながら継続して発見されており偶に標本が出回ります。ちなみにホノルルのあるオアフ島には分布していないそうです。

 海洋島生物好きとして前々から欲しい欲しいと思っていたのですが、上述内容でお察しの通りなかなか売られていることが少なくかつ高価であり手に入れることが出来ずにいました。そんな中2021年末に売られているのを見かけたので、2cmもない黒い虫の死骸にしてはやはり高いと思いつつも思い切って買ってみました。手元に届いて初めて現物を見て呟いたのは素晴らしいの一言。コロコロとした曲線の顕著な姿はこれまで見たクワガタのどれとも異質ですが、これぞ海洋島の神秘といったところですね。満足度の高すぎる買い物でした。貴重なものに需要を発生させるというのはあまり良くないこととは思いますが、購入はこの1個体に限り、一生涯の宝物にする所存です。

オガサワラヤモリ クローンB 大東諸島

オガサワラヤモリ クローンB 大東諸島

Lepidodactylus lugubris "Clone-B"

オガサワラヤモリ大東

 オガサワラヤモリは単為生殖種ですが、クローンタイプによる遺伝的多様性を秘めた可愛いヤモリです。一般的に知られているのは日本の南西諸島で広く見られるクローンC or Aですが、その2タイプから外れた模様を持っているのがクローンBになります。上の写真のとおり、大きな黒点模様を持っているためダルメシアンのような格好良さがあります。言うまでもなくこのクローンBは見たいヤモリの一種でした。見たいと思いつつもなかなか見に行けていなかった理由。それは日本での分布が大東諸島に限られている(一部報告例あり)ためです。

南大東島

南大東島

 大東諸島沖縄本島から約360km東方の海洋島で、飛行機の便は少なく、フェリーも波で欠航しやすい絶妙に行きにくい島嶼です。しかも、大東諸島はオガサワラヤモリ以外の両生爬虫類が全て移入種で、虫や海の生き物にも興味を持っていないと更に遠征候補先から外れること必至でしょう。そんな大東諸島南大東島に2021年の秋頃に一人で赴き、オガサワラヤモリを探してきました。

 遠征記については、クリーパー93号南大東島フィールドレポートとして寄稿しております。ご興味のある方は是非購読してみてください。

幼体

 オガサワラヤモリ クローンBはずっと見たかったヤモリでしたので、1個体目を見つけた時は久しぶりに国産ヤモリでテンションかなり上がりましたよ。

太平洋西部の島々で観察したオガサワラヤモリをまとめているページは以下リンクからメインサイトへ。

www.ones-habitat.com

ケラマトカゲモドキ

ケラマトカゲモドキ

Goniurosaurus kuroiwae sengokui

ケラマトカゲモドキ

 慶良間諸島の一部(渡嘉敷島阿嘉島)に固有のクロイワトカゲモドキ亜種:ケラマトカゲモドキ。本亜種は赤眼とマッチしたオレンジの体色が特徴で、国産ゴニではケラマが一番好きという声も多い種です。航空券が高騰する連休に島へ行くなら、下手に飛行機を乗り継ぐよりチャチャっと本島から船で行ける島へ行った方が安くて混雑もなく楽しめるのではないかと思い、渡嘉敷島へ初上陸してきました。渡嘉敷島は生き物が見やすいと言われていたとおり、苦労することなくケラマトカゲモドキがポロポロと姿を現してくれました。

Goniurosaurus kuroiwae sengokui

 比較的オレンジ色の濃い個体。色味には個体差が大きいようで、ピンクに近い個体も普通に見られます。それと、渡嘉敷島の山中は蚊が多いのか、よく刺されているのを見かけました。蛇とかはその辺寄せ付けないでしょうが、ヤモリは硬い鱗で防御されていないので格好の餌食ですね。人からしたら小さな蚊も、ヤモリにはたまったもんじゃないですよね。

ケラマトカゲモドキ

 幼体は色味が濃いです。可愛い、というよりは小さな時から凛々しい格好良さ。抱卵したメス個体(1枚目の写真)も、ハッチして数週間という幼体も見られたので満足です。

 

English site is under link.↓

www.ones-habitat.com